親不知はやっぱり抜いたほうがいい?

親不知という歯は、十代後半から二十代前半に生える一番奥の左右上下の4本のことですね。
親が知らない間に生えるから、親不知という名前がついたそうです。
親不知は、やっぱり抜いたほうがいいに決まっていると思っている方が多いと思います。
歯茎が固くなって生えてくるため、斜めに生えて虫歯や歯周病になりやすいと考えられています。
また、手前の歯を押して歯並びに悪影響を与えそうな場合は、即抜いたほうがいいでしょうね。
咬み合わせが悪く、頬の粘膜を傷つけるような場合も然りです。
上手な歯医者さんだったら、まったく痛くないしあっという間に終わります。
私も20年前くらいに4本全部抜いたんですが、とても上手な歯医者さんで本当に痛くなかったし、出血も少なく「なぁんだ、歯を抜くってこんな簡単なことなんだ」と拍子抜けした覚えがあります。
虫歯になっていて根しか残っていなかった歯もあったので、これは歯茎を切られるんじゃないの?と、とても怖かったんですけどね。
しかし虫歯にもなっていなくて、他の歯に悪影響を及ぼさないなら残しておいたほうがいいときもあるようです。
どこかの歯が虫歯になって、抜歯してしまったとき、残しておいた親不知を移植できるんだそうです。
これってすごいことですよね。