税理士養成塾のファシリテーター

経営コンサルタントをしている和仁達也さんは、税理士やコンサルタント、仕業などを対象に養成塾を開いています。
その塾で和仁さんのファシリテーターをしている、今仁豪造さんという方をご紹介します。
現在、今仁さんは、エコイマジンの代表取締役をしていて、ビジョナリーサポーターもしておられます。
福岡県生まれで、京都産業大学経済学部経済学科卒業後、インテリアの会社で営業職に就くも、もっと多くの経営者と話がしたいと思い、新規開拓に励みます。
そして和仁さんとは、2012年に“ナンバーワンコンサルタントスター養成塾”で出会ったんですね。
和仁さんのコンサルティングのやり方見て、「これだ!」と今仁さんは思ったそうです。
正に今仁さんが、長いこと考えて求めていたものだったということです。
税理士などの養成塾で教訓のように謳われている“報連相”、“知の系譜”、“愚直な実践”を忠実に実践したところ、目を見張るほどに結果が出たそうです。
すっかり和仁さんに魅了された今仁さんは、直接和仁さんに依頼して“キャッシュフローコーチ養成塾東京0期”に参加したことにより、今の大宮ファシリテーターになったということです。

親不知はやっぱり抜いたほうがいい?

親不知という歯は、十代後半から二十代前半に生える一番奥の左右上下の4本のことですね。
親が知らない間に生えるから、親不知という名前がついたそうです。
親不知は、やっぱり抜いたほうがいいに決まっていると思っている方が多いと思います。
歯茎が固くなって生えてくるため、斜めに生えて虫歯や歯周病になりやすいと考えられています。
また、手前の歯を押して歯並びに悪影響を与えそうな場合は、即抜いたほうがいいでしょうね。
咬み合わせが悪く、頬の粘膜を傷つけるような場合も然りです。
上手な歯医者さんだったら、まったく痛くないしあっという間に終わります。
私も20年前くらいに4本全部抜いたんですが、とても上手な歯医者さんで本当に痛くなかったし、出血も少なく「なぁんだ、歯を抜くってこんな簡単なことなんだ」と拍子抜けした覚えがあります。
虫歯になっていて根しか残っていなかった歯もあったので、これは歯茎を切られるんじゃないの?と、とても怖かったんですけどね。
しかし虫歯にもなっていなくて、他の歯に悪影響を及ぼさないなら残しておいたほうがいいときもあるようです。
どこかの歯が虫歯になって、抜歯してしまったとき、残しておいた親不知を移植できるんだそうです。
これってすごいことですよね。

相続税など信頼できる税理士を探しています!

相続があってから、10カ月以内に申告と納税をしなければならないそうですが、実はまだ…やってません!
とにかくのんびりしすぎてしまったので、なんとか今から片付けてしまおうと考えています。
相続税の申告についてはやはり信頼できる方にお願いしたいですね。
信頼性第一(の目線)で税理士を探す場合にはどんな選び方をすればよいでしょうか?
まず、自分のところのエリアの税理士をチェックして、口コミを見てみようと思います。
ただ、横浜エリアもたくさんの相続専門の税理士がいるようで、弁護士ももちろんたくさんいます。
もし家族間で大きなトラブルに発展してしまった場合にはやはり弁護士に依頼して解決してもらうのが一番です。
ちなみに、横浜磯子エリアで評判がいいのは安田法律事務所さんのようです。
いずれにしても相続税やそのほかの申告でも専門家のアドバイスに耳を傾け、しっかり準備を進めておくことが第一大切なのかもしれませんね。
ちなみに、もし借金が多い場合には「相続放棄」ができるようですので、いろいろ税額のシミュレートしてみると良さそうですね。

何才から美容院で髪の毛切る?

私の知り合いに赤ちゃんが誕生し、先日赤ちゃんの写真を見せてもらいました。
生後2ヶ月の赤ちゃんですが、サルっぽさもなくかわいい赤ちゃんでした。
うちの子のあんな小さい時がありましたが、あと少しで私の身長を越されそうです。
子供の成長って早いですよね。
私の姪っ子ももうすぐ2才になり、少しお話ができるようになりました。
女の子のなので髪型も重要ですが、2才にして美容院で髪の毛を切っています。
ばあばの友達が美容師さんなので、格安で切ってもらっているようですが、うちの子は男の子だったので幼稚園までは私が髪の毛を切っていました。
今は幼稚園児や保育園児だって美容院に行く子が多く、お母さんが切っている子は少なくなったんですね。
0才から美容院でカットしてるお子さんもいますが、一般的には小学生から美容院で切っている人が多いです。
うちの子は男の子なのでそれほど髪型にはこだわりはありませんが、女の子は髪型にも関心があるので、美容院で切るのは当たり前なんでしょうね。
今の小学生は髪型だけではなく、洋服もオシャレですからね。

コンサルタント業務に徹する松山の税理士法人

事業を経営する人にとって欠かすことができない税務申告。
個人事業主の確定申告と法人の決算申告、それぞれに申告時期が違うほか、提出する書類も異なってきます。
経営規模によっては書類作成が簡単な場合もあるでしょう。
しかし、専門知識を持たないと悪戦苦闘するかもしれませんね。
もし、間違った申告をすると大変です。
そうならないためにも、税金関係は税理士への相談をおすすめします。
「税理士法人やよい」は、申告書の作成にとどまらず、依頼者のニーズを的確に把握して、いろいろな面からサポートすることを目指しています。
また、コンサルト業務に徹する点も大きな特徴です。
松山の税理士法人利用者のなかには、県外在住の知人税理士から紹介された人がいるように、地域密着型という点も大きな強みです。
「税理士法人やよい」は愛媛県松山市にあるので、サイト内から地図を確認するとよいでしょう。
社会の一員として生きていくために、税金の支払いはやむを得ないことかもしれません。
しかし、節税が可能ならそれに越したことはないですよね。
事業の安定経営をするためにも「税理士法人やよい」へ相談してはいかがでしょうか。

留学中の滞在先「ホームステイ」について

宿泊をともなう旅行に出掛けるときは、どこに泊まるのかが大きな課題になります。
たとえ1泊の予定だとしても、枕が変わったら眠れない人もいるからです。
やはり、十分な睡眠が取れないのは健康上にもよくありません。
このような理由から、住環境は意識することが大切ですよね。
また、海外へ出掛けるときは、国内旅行以上に注意が必要になります。
留学のように滞在期間が長い場合、滞在先探しはより慎重に行いたいものです。
留学中の滞在先として「ホームステイ」があります。
こちらの大きなメリットは、その国の言葉にリアルタイムで触れられることです。
また、留学生は「お客様」ではなく、その家族のルールに従って生活する必要があるため、日本とは異なる生活習慣を経験することもできます。
さらに、複数の留学生がいる場合は、その人たちとも仲良くなれます。
一方、ホームステイ先の生活になじめない可能性があることも知っておきましょう。
言葉が伝わりにくいことから、誤解を招くケースも少なくないようです。
留学を意義あるものにするためには、滞在先選びが大きな鍵を握ります。
そのためにも、必要な情報収集をきちんと行いましょう。

税理士紹介サービスを利用するメリット

税理士を初めて探す方、税理士を変更しようと思っている方、会社を設立をする方はどうやって税理士を探そうと思っていますか?
税理士を探す方法には電話やインターネットを使って探す方法と、知人からの紹介が一般的でしたが、近年では税理士紹介サービスを利用する人が増えています。
税理士紹介サービスを利用するメリットは、要望にあった税理士を紹介してもらうことができる、税理士や税理士業界に詳しいスタッフが相談に乗ってくれる、税理士探しの手間を省くことができます。
電話やインターネットで探すとどこがいいのか迷ってしまって、時間もかかりますからね。
そしてこのサービスは無料で利用することができるので、税理士を探しているなら税理士紹介サービスを利用してみるといいですよ。
サービスを利用すると電話での相談から税理士選び、税理士との面談、見積もり、契約まで行ってくれますが、これだけやってもらっても無料なんで嬉しいですよね。
一度、顧問契約を結ぶと長期に渡ることがほとんどなので、税理士選びを失敗しないために税理士紹介サービスを利用してみましょう。

まだまだ時間あると思っていたらもう…卒園DVD制作は早めに取り掛からないとヤバイ

子供が通っている保育園では特に役員もやらずに済みそうでしたが、最後の最後で卒園DVD制作の係になってしまいました。
でも「まだまだ卒園まで何か月もあるし」と思っていて何もしないでいましたが、学生時代の友達に「卒園DVD制作は早めに準備しないとヤバイよ~!」と脅かされてしまいました(汗)
「DVD制作なんてフリーソフトでまとめればすぐにできるハズ」なんて思っていましたが、とりあえず準備を始めることにして作り方とかの情報収集を始めてみましたが…、本当に大変そうです!!
これから動画を集めたりして、取りまとめて編集…、これはフリーソフトで悠長にやっている場合ではなさそうです。
とにかくこういったものは早め早めに動かないとダメなんですね、反省です。
DVD制作業者もこれからどんどん混んでくると思うので、すぐにでも見積もり相談に行ってこようと思います。
動画も写真もみんなで協力して撮ったり集めたりしないといけないので、係は大忙しになりそうです(大汗)
スケジュールも余裕をみたらもうギリギリの日程になりそうで、卒園のタイミングで渡せるように調整がんばらないといけませんね!

欧米だけではなくアジアの国々へ留学する人も多いです

留学で人気なのは欧米です。
アメリカへ行って英語を勉強したいと思っている人は老若男女問わず、多いです。
日本に居ても英語は勉強できますが、アメリカに行って勉強したいと思ってしまいます。
それに外国での生活には憧れがあります。
日本にいたのでは分からない事はたくさんありますからね。

アメリカを筆頭に欧米に留学する人は現在でも多いですが、近年は世界中に行く人が増えています。
留学するのは欧米だけではありません。
南米やアフリカに行く人もいますが、アジアへ行く人も多いです。
特に増えているのがアジアへの留学です。
アジアで多いのが中国です。
中国語を覚えたいと思っている人は多いです。
アジアの言葉で日本語の他に覚えたいのが中国です。
中国語の他にも覚えたい言語はたくさんあります。
アジアといっても多くの国があります。
多くの国がアジアにはありますから留学する国も人によって様々です。
中国や韓国などの旅行や留学をする人が多い国からあまり知られていない国までたくさんの国々がアジアにはあります。

誰にも好きな国があります。
好きな国に留学したいと思う人は多いです。
好きな国が良いのは確かですが、好きな国で使われている言葉が勉強したい言葉とは限りません。
大事なのは何を勉強するのかという事です。
アジアの国へ留学する人は多いですけど、勉強したい事によって考えるのはどの国へ行くにしても必要な事です。

予防歯科の手順

欧米ではすでに浸透している予防歯科ですが、日本でもようやくその重要性が認められるようになりました。
予防歯科では、口の中の状態をチャックし、染め出し駅を使って歯垢が確認できる状態にして磨き残しをチェックします、
磨き残しは虫歯や歯周病の原因になり、バイオフィルムという歯磨きでは落とせない歯垢や歯石、歯と歯の間や歯周ポケットの細菌の集合体を取り除かなければいけません。
バイオフィルムは歯磨きでは取ることができず、超音波を使った専用の機械で取り除くことができ、これをPMTCといいます。
PMTCによって口の中の細菌を減らすことができ、お口の中の隅々までクリーニングすることができるので、口の中を健康に保つことができます。
超音波器具を使って汚れを落とした歯は、表面がザラザラしているのでフッ素を塗って歯を汚れや虫歯から守ってくれます。
予防歯科では、歯のチェックをして、PMTCを行い、フッ素を塗るという手順で行います。
また予防歯科は、3か月に1度のペースで通うのが理想で、これによって歯を健康に保つことができます。